睡眠障害は現代社会の歪みから

睡眠障害という言葉を頻繁に耳にするようになったのはいつ頃でしょうか。私の記憶では、1990年代の半ばくらいからではないかと思います。現代社会が24時間化し、眠ることのない社会環境に変貌し、ビジネスマンはかつて無いほどの厳しいストレスの中で働くことを余儀なくされ、携帯電話はビジネスマンの時間的な隙間を埋め尽くし、正社員から派遣社員へとシフトし、社会はより厳しい方向に激動し続けてきました。

その過程において、われわれの心身はその急激な変化について行けず、睡眠障害や不眠、うつ病といった疾患が、日本全国にはびこるようになってきたように思います。

子供の睡眠障害驚くべき事は、この変化は大人だけではなく、子供までが睡眠障害に悩むようになっていることです。子供も子供なりのストレス環境に置かれ、大人の夜型生活に引きづられるように子供の生活も夜型化し、携帯電話やゲームの普及は子供の精神世界にまで影響を与えるようになりました。不眠で悩む子供の数は大人以上とも言われています。

睡眠障害と不眠睡眠障害は、このような現代の社会環境から生まれています。したがって、本来は社会環境全体を見直す必要があるのかもしれませんが、個人個人で自己防御できるようにしておかねば潰れてしまいかねません。

このサイトは、そのような自衛対策がとれるように、睡眠障害に関する基礎的な情報を提供し、「睡眠障害から回復して元気になろう!」をスローガンとするものです。

高照度光療法ブライトライト ヤフーブライトライト アマゾン

関連コンテンツ